上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ただでも目つきの悪い目はさらに鋭く、見るものを射殺すかというほどの眼光を放ち。広げていた扇を一見優雅にも見える仕草ですぱんと閉じて、彼女は不快げに口元を歪ませた。
彼女の座る椅子は革張りのとても高価なもので、これ一脚で並みの家一軒ならぽんと買えてしまう。
彼女はその、誰もが座るのを躊躇うほどの椅子にふんぞり返って腰掛け、苛立ちを掻き消そうと紅茶を飲んだ。
「…ふん。こーけいしゃだってぇー?断る。そんなもの、欲しいと思ったことは一度もない!とっとと失せとくれ。あたしゃ忙しいんだよ。」
紅茶の、鼻をくすぐる癒しの香りすら彼女の前には役立たない。
彼女の眼光に竦み上がって肩を寄せ合っていた5人の男たちは、泣きそうな顔をしながら、それでも立ち退かなかった。

「ああ、あああ貴方が代表をやらねば誰がやるというのです!」
「そうですそうです、貴方以上の適任は他にはおりませんですよ!」
「それに、あちらも貴方を希望しておられます!」
「かの方に気に入って頂けるというのは、それだけで名誉なことなのですよ?」
彼女は大仰な溜め息をつくと、ティーカップを後方に放り投げた。
孤を描いて飛んでゆくカップの価格は、やはりとんでもない。しかしカップは床面に着地する前に音もなくかき消えた。

「物を粗末にしちゃダメだって、いつも言ってるだろ。」
「壊れやしないだろ。そうやってお前が片付けるんだから。」
「だからって投げちゃダメだ。」
「五月蝿いね!お前まで説教しに来たのかい?」
「俺はともかく、お客人は君に説教しに来たわけじゃない。」
「喧しい!」
ぱんっと椅子の肘掛を扇で叩く彼女。ふいに彼女の背後に現れた青年は困ったように微笑をもらし、5人の男に頭を下げる。
「すみません、お客人方。うちの主ときたらそれはもう頑固で優柔が利かなくて我儘で高慢極まりなくて…。」
「いや、いいんだ。それより君からも言ってくれないかい。私たちは、彼女に後継者入りしてもらいたい。」
「彼女の実力は俺たちが一番よく知っている。彼女が後継者入りするのに必要な助力は惜しまない。それは、町の皆がそうだ。」
「彼女ならやれると思うからこそ、私たちは少しでも彼女の力になりたいと、思っているんだ。そう、後継者入りは、国一番の名誉だ。」
言い募る男たちに、彼女はそれこそ心底不快感も露わに足を鳴らした。

「五月蝿い五月蝿ーい!何度言ったら分かるんだい!あたしゃ後継者になんてなりゃしないよ!他をあたっとくれ!」

彼女は勢いよく立ち上がる。
男たちは彼女の迫力に押されて一歩下がる。対して青年は、逆に一歩前に出て彼女の肩に手を置いた。
「お客人の好意を無碍にするのか?」
「そんなものは知らない!!あたしが嫌だと言ったら嫌なんだ!!!」
青年の手を振り払って、彼女は部屋を出て行った。男たちの言葉には一切耳を貸すことなく。

そうして取り残された5人と青年。
お互いがお互いに、微妙な表情を浮かべて視線を合わせる。
しばしの沈黙の後、誰からともなく苦笑を浮かべる。

「俺たちは、甘えているな…。彼女には昔から、色々と助けてもらってばかりだ。何の恩返しもできずに、ただ助けてもらってばかりで…。」
「正直、彼女が町を出て行くことを嫌がってくれて、ほっとしているんだ。私たちは町の皆は、彼女が大好きだ。彼女に捨てられなくて、嬉しいとすら思ってしまっている。」
「ほんとにねぇ…何に対してもぶっきらぼうで素直じゃないっていうのが欠点だけど、そこがまた可愛いからねぇ。くくくっ…俺の奥さんなんか、後継者入りを先方から申し出られた彼女を、実の娘のように隣町の連中に自慢してるしな。」
「はははっうちの娘も彼女にぞっこんだよ。恐いけどとっても美人で頭もよくて、とても優しいってね。娘の憧れの人だそうだ。」

青年は頭を下げて、そして笑う。
「そう言って頂けると、主も喜ぶと思いますよ。ま、素直には喜ばないと思いますけれど。」
「ふははっ違いない。」
「…けれど、何故ですか。貴方方自ら主に申し出を受けるようにと薦めるだなんて…正直なところ、驚いています。むしろ引き止めてくれることを期待していましたし…。……今頃主もさぞ、残念がっているでしょう…。顔には出しませんでしたけれど、動揺していました。」

5人はそれこそ困ったように笑う。
「俺たちは、彼女はこんな田舎町で燻っているような器じゃないと思う。彼女にはもっと、彼女に相応しい素晴らしい世界がある。」
「こんな形でしか恩返しできないのが歯がゆいがな。俺たちは、彼女はもっと幸せになってしかるべきだと思う。」
「私たちが彼女を独占するわけにはいかないだろう。彼女をこれ以上、こんな場所に縛り付けていたらいけないんだ。」
「笑って彼女を送り出すのが、私たちにできる最初で最後の恩返しになるんじゃないかと思ってな。他に、私たちにできることなどないだろう?」
「彼女は私たちがいなくとも立派にやっていける。なのに、肝心の私たちが彼女を駄目にしてはいけないと思ったんだ。」

町の皆がそう思っている。
結ばれた言葉に、青年は吐息をついて笑った。

「…ありがとう、ございます。」
青年は、今の今まで主の意向のとおりこの町を離れずにいるつもりだった。けれど男たちの言葉を聞いて、町の人々の想いを聞いて、その考えがかすかに、けれど確実に揺らぐのを感じた。
「…休暇には、ここへ帰ってきてもいいですか…?主と俺を、忘れないでいてもらえますか?」

どうして忘れることができるだろう。時々は帰って来てくれないと泣いてしまう。また元気な顔を見せてほしい。口々に言われ、青年は今度こそ折れた。

「俺からも、主に言ってみます。」
…その必要もないかもしれないけれど…とは言わなかった。窓の外、しゃがみ込んでいる主の頭のてっぺんが、青年には見えていた。
こんな女性は大好きだ(何)
書いていて気持ちがいい。

思えば自分の書くキャラって、そのほとんどが人物像が濃い。何ひとつ秀でたところない人物を書いた記憶はとんとない。あれか、人に対する憧れとかそういうものを投影し過ぎているのか。

ところで…
生来悪人説。生来善人説。
ってのがぁアリますのはみなさま御存知ですか?
こりゃあとっても興味深いお話で、前者が「人は生まれながらにして悪人である」ってので、後者は「人は生まれながらにして善人である」って学説なんですよ。
どっちが正しのかなんて、誰にも判らないんですけどね。

自分は前者を支持してます。
人は誰でも例外なく、心に黒い部分を持ってます。黒い部分を持ってなきゃ生きてはいけないし、もし持っていないという人がいればそれは人間じゃアリマセン。うちう人です(は?)
そもそもが、黒無くしての白はあり得ないんですよ。
悪人がいなきゃ善人が目立たないのと同じ通りです。

人は生きていく過程で善を学んでゆくのじゃないかなぁと、思います。
同時に悪も。

小さい頃に親からの虐待を受けていた人が、大人になって同じことを繰り返す確立ってすごく高いんだそうで。人は、過去に学んだ悪をきっちり覚えてるんですよ、「記憶」としてではなく「想い」として。
誰かに優しくされたら誰かに優しくなれるとはよく言ったもので、その逆だってありえるわけで。

魔がさすって言葉がありますけどね、あれって誰にでもありえることですよね。魔がさすとまるで別人のようになるっていいますけど…あれは、自分の本来の「悪」の部分が顔を出したに過ぎなくて、それもまた自分の一部なんだと思います。

と、今日はなんとなく人の「悪」の部分について語ってみました。
人は生来悪人。でも、どんな悪人だろうと「善」を知らないってことはないと思います。誰しも、過去に一度は誰かに優しくされたことがあるはずですから。

そういう意味では、生来善人説も的を得ていると言えるのかな…。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。