上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まったくと言っていいほど件数の少ないこのカテゴリー…。ゴリゴリ。
少しくらいは件数増やそうよ。ね?(初っ端から何)

そんなわけで、急に「萌え」なお話を始めてみましょうッ(o△o)/♪

うーふーふー…何について暑く語ろうかな(あつい違い)
……うーん…(悩むこと三十分

よし、歌姫の話をしよう。
そして何故か続きは追記に隠してみる(ぇ)

…いや、「萌え」カテゴリーな日記はきちんと隠しておかないと、あとで苦情が来ても困るから…(苦笑)例によって、読んでしまった後の苦情は受け付けませんー。
別に妙な話をしているわけではないですし…見ても構わないですけど…ただの日記ですから、つまんないっすよ(極笑)
…といっても、「歌姫」と呼ばれる女性歌手ってわりと多いんだよなぁ。近所のCDショップでも、何処か遠くのCDショップでも、陳列棚を一周するだけで沢山の「歌姫」を目にする。
姫ってそんなに沢山いてもいいものなのか?
姫という特別な言葉をそんなにも安売りしてもいいのかッ!(何に対して怒っているのか)姫はあくまでも少数でなければならないと思う。…今や一国に数人の姫がいる中…一体どの姫の歌が自分の好みなのか…自分が好きだと思える声の持ち主なのか…吟味しづらい。

てわけでその多くの歌姫の中の一人「Kate Bush」。イギリスで歌姫と呼ばれる彼女の話。
彼女は78年に東京音楽祭に出場しているらしい(と、最近思い出したように購入した自分にとって2枚目のアルバムに書いてあった/受け売りかよ…)

今日は、所有2枚のうち一枚を紹介ー♪

「Never for Ever」(日本では「魔物語」)という名のアルバムがある。自分は、わりとこれが好き。
それぞれの歌の歌詞がひとつの物語になっていて面白い。その物語っていうのが…少し暗い感じのものだったりする。勿論、明るい雰囲気の曲もある……と自分は思っているけれど。思いたい、けど…。

「ウェディング・リスト」っていう…曲がある。
結婚してすぐ、夫を殺された女の話。…痛い(ほろ)
目の前で夫を殺された女は、警察も知らない犯人の正体を勿論知っていて…復讐のために犯人を捜すっていう話。
…「この同じ部屋で育った私たち」っていう歌詞があるのだけれど…女と犯人は姉妹…?兄妹?……それとも二重人格?(ぇー)
…謎ー(唸り)

「少年の口づけ」に関しては、もう…歌詞を読んで少しぎょっとしてみたり(笑)何だこれは。ショt(べしぃッ)
…こほん。
いわゆるオヤスミのキスというやつで、女性が少年への恋心っぽいものを刺激される話。
この少年というのがまた、なにやらとても大人な子。この歌詞を読んだとき、自分的には久し振りに萌え具合が刺激されt(げしげしッ)…こ、断っておきますけどね、自分はショタじゃないですよ(>_<;)!!
少年なのに、大人なのです。…何事も、「ギャップ」という設定は美味しいものなのです(何さ)

「夢みる兵士」
んー…切ない話。戦争に出て行った少年が、死体になって帰ってくる話。物語は少女…いや、少年の恋人?…姉かもしれない。もしくは母親かも(曖昧だな)が、彼の追悼式に出ている場面。
……切ない…(ほろほろ)
お金も無い、教育も受けてない、二十歳にもなれなかった…。生きていれば夢はいくらでも叶えられたのに。最期に手に入れたのは、肩章と袖章と飾り紐。
……orz

「木の精は夜の香り」
これはナイス!!僅か51秒のインストゥルメンタル!
コーラスが綺麗。というか…奇妙な音階が入り混じっていて、エンドレスすると、それこそ妙な気分になってくる(エンドレスすな)
くるくるふわふわしている感じ(へら)

その他、このアルバムはジャケットの絵がキモいと思(関節締め)
…妖怪みたいなものがごちゃごちゃ描いてあって…ホラーファンタジーを連想させる(がくぶる)気味の悪い悪魔的なものとか、魚みたいなカバみたいな生物とか…人面猫みたいなのとか…とにかくじっと見ていたくない感じ。
自分の大嫌いな毒々しい色合いのアレも舞い飛んでいるし。…しかも、ソレが魔物たちの中で一番目立ってるしッ!!!(よくこれ買ったよな、自分)

でも、わりと好きなアルバム。
気が向いた方はどうぞ聞いてみてくださいまし。

自分が体調の悪い時に聴いたら、何故か一層気持ちが悪くなってしまった逸話を持つこのアルバム(ぇ)時には聴いている最中や聴いた後に、運気が勢いよく下がってしまったり……orz
…いや、ケイトは「歌姫」ですから、きっと体調や運気が良くなる人も沢山いると思います!!…なんで自分ばっかりそうなんだろう。もしかして合わないのかな(えぐ)
歌詞に深入りして曲を聴くから暗い気分になって、引き摺られて運も下げちゃったのかな、と自己分析してみる(何さ)
…とてもいい曲なんですよ?本当に。
自分は好きです。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。