上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カラオケ屋を出た自分たちは、ガストへお出掛け。
早い朝食を摂り、お腹一杯になって苦しみながらしばらく店のまわりを徘徊する(よせ)店員さん、何やってるんだろうと思っただろうなぁ…。
そうしてしばらく怪しい人を演じてのち、何故か蒼紫神社に出かける。蒼紫神社…正確には蒼柴神社と書く(何)朝も早くから、何人もの参拝客や犬の散歩人とすれ違い、挨拶を交わす。
…好青年だなー、自分ら(自己満足)で、山を登って動物園に入場。勿論タダである。
やはりほとんどの動物が建物の中で寝ていてお会いできない(当然)
でも、それでも半分くらいの動物たちにはお目通りできた(嬉々)

「…………Σ!」

二人で、一瞬飛び上がるほど驚いたのは、檻の一番手前に腰掛け、自分たちを穴が空くほどの勢いで凝視してくるタヌキに気が付いた時である。動物って、そこにいても気配を感じ取れない。
…ヒトがそういったものに鈍感になってしまったせいとはいえ、とても間近でこちらを見つめてくるタヌキに気付いた時は、本当に驚いた。
…正直、感情の感じ取れない空虚な視線がとても恐かった。少しでも動くとそれに合わせて視線もついてくる。
…話しかけてもぴくりとも動かない。ただ、じっと…。
じっと、自分たちを見つめていて。…口が利けたらよかったなぁと、しみじみ思った。
アヒルがお尻だけ水上に出して、潜水している場面に居合わせる。
「ぎゃー!可愛いー!」
二人で小声で騒ぎ(他の動物を起こさないため)、相方が写メを構える。…なんか、変(笑)微妙な感じに写されたその写メに二人で笑った後、兎やら鶏やら孔雀やらを見て、その場を離れた。

で、公園。
動物園のすぐ上にある公園で、いつぞやと同じくブランコに乗る(ぇ)
久し振りー♪ブランコって、楽しい!(ガキ)
人目があると滅多にできないので、充分に楽しんでおく。ジャングルジムにも登る。
…子供の時には近所のガキ大将にしか許されなかったポジションであった、てっ辺まで登った。意外に低く感じて、違和感。
あぁ、自分ら大きくなったんやねぇ…(妙な感慨に耽る)
その後様々な遊具で遊び(ぇ)、ぐったりとしたところで山巡りは終了。地震の爪あとなんかを横目に、山を降りた。

時刻はまだ7時前。
カラオケ屋の駐車場で仮眠を取り、10時頃には復活★

昼食はその後観る映画館の近くで摂る。
…これまた美味しかった。

一路、映画館へー♪
今年はまだ去年の半分しか達成してない映画鑑賞…。この日で半分完全超え!(密かにガッポーズ)
今年の夏休み映画は、自分的に不発続き。…秋映画のほうが楽しみなものが多い。そんな中、見てきたのは妖怪大戦争!
子役の神木龍之介君が可愛い。…思った以上に話の内容も面白くて、笑いながら楽しく観た。映画館の、ああいう一体感は大好きだ。同じ場面で笑って、同じところでほろりときて…そういうのって、凄くいい。

思った以上にギャグっぽかったのも、面白かった要因だろうか(ぁ)
龍之介君は殺陣が初めてだということだったけれど、様になっているように思った。…CGを駆使して、スピード感を出したりと…そういう面で誤魔化されているのかとも思ったけれど、それを差し引いても上手かった。
龍之介君は、表情ひとつひとつの変化が可愛くて、上手で、観ていてわりと癒された。
阿部サダヲさんは、演技がうまいと思う。流石に笑いのツボをついてくるというか…。宮迫さんも演技が素敵だった(笑)

そんなこんなで夕方、帰宅。
車回してくれてありがとう、相方!
すげー楽しかった!また遊びに行こうなー(へら)
お疲れ様でした!
紅茶を鍋いっぱいに作って、今日一日をかけて全て飲み切りつつある自分。
秋映画…楽しみなものが多かったなぁ…。
忘れないように記述しておこう(深く頷き)

「星になった少年」観ないままに終わってしまいそうで悲しい。上映期間、延ばしてくれないかなぁ…。
「奥さまは魔女」単純に、面白そうだと思うので観てみたい。ドラマを観たことがあるけれど、とても楽しかったし…何より、「魔法」という響きに小さな頃からの憧れがあるので、観てみたい。
「チキン・リトル」…ディズニー映画。…正直、ディズニーはほとんど観ない。けど、これは可愛い。予告を見て少しほろりときた。
「ブラザーズ・グリム」ホラーファンタジー…かな?グリム童話を基にして作り出された映画らしい。主演男優も女優も、有名なあの方々。
「SHINOBI」邦画はあまり見ない。けれど、心理描写が豊かなところは好き。あんまりそればかりを取り上げられると正直面白くないと思ってしまうけれど、でも、これは興味ある映画のひとつ。…椎名さんも出演するそうだし…。
「ダーク・ウォーター」仄暗い水の底から、のハリウッド版。アメリカ映画で、どこまであの心理的恐怖を描けるのかなぁ…という興味。
「NANA」矢沢あいさん原作の漫画から作られた映画。予告を見た限りでは、漫画そのままな感じがした。
「チャーリーとチョコレート工場の秘密」あの有名なファンタジー本の実写版。ハリーや指輪よりも、もっと昔からあった本で、原作はイギリスでベストセラーになった「チョコレート工場の秘密」。同じ物語の「夢のチョコレート工場」というDVDを持っている自分としては、その違いが気になるところ。リメイク…?
「ホールドアップダウン」V6が主演。ギャグ映画だろう。…ネタのひとつとして観てみたいとは思う。…気になる…とっても。
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。