上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
姫抱き。いわゆるお姫様だっこというもんですな。先日生まれてはじめてあれをされましてん。え、気分はどうだったかって?
ええもう、最悪ですよ最悪。ただでも今まさに息を引き取らんって気分なのに、歩くたんびに振動がモロにくるんですわ。最悪ですよ姫抱き。
もう二度と経験しなくてよかとです。世間の乙女たちの夢を壊すようで悪いんですけど、あれほんまに居心地悪いでっせ(囁き)

そんなわけで、今日はここ数日で自分が体験した面白話をば(そして今尚継続している/ぇ)

気付いたのは朝目が覚めてから。
驚き桃の木山椒の木…じゃなくって、体ががたぴしのびりびりのがちがちで、まるで身動きとれんのですよ。ついでにおっそろしいほどの寒気。さらにおかしなことに、寒いのに異常な発汗。さらには眩暈がするほどの頭痛。天地が逆さまになったような感覚でしたとも。
こりゃもう由々しき事態だと認識するのにそう長いことかかりませんでしたとも。
つーわけで誰か人を呼ぼうとようやく頭が回転したまではいいんですがね、せつねーことに声が擦れて出ないわけですよ(大笑)いったい何をどうしてこんなことになったのやらと、思わずここ数日の自分を振り返ってしまったり。うん、我ながら冷静。しかし残念なことに、前日の朝ごはんメニューも思い出せない単細胞の前に、それすら断念(駄目駄目)

中略。

そんで病院。
過去の人生を振り返ってみても、一度にあれだけの注射をされたのははじめてですとも(真顔)この日の注射の数、4本。実際、自分は注射なるものを過去に何度も体験してますがね、それは例外なく「腕に」なんすよ。しかしこの4本ってのが、「うはっそんなとこに刺すんかい!痛いわそら!」て感じの場所にばかり打つもんで…(そして実際に痛かった)
んで、ついでに点滴2本しました(ついで?いやいや、気付いたらされてましてん)

まぁた、手の痛いこと痛いこと。
体が強張って胃が引き攣って、全身が痺れたみたいな感じで、入れたくもないのに意思に反して勝手に力が入ってしまうんですわ。
んなもんで、手のひら破れるわいう勢いで拳握り締めてしもうてて。ほんまに痛かったです。力の入れすぎで血が通わなくてとにかく痺れるし。
看護師さんが大丈夫ですよー恐いことないですから、力抜いて楽にしてくださいねーって何度も言い張るんやけど、好きで力入れてるんやないわー!!とそのたんびに魂切りの叫びを…あ、まぁ、口もおかしかってんで、心の叫びですけどね(あはは★)

んで、なんの病気かと思ったら「夏風邪」ですやて(がっくし)
あほやん、自分。いつの間にそないな虚弱体質になってしもてん。

中略。

ようやくまともに物事を考えられるようになってから、はっと気付いてご友人にメールしましてん。明日遊ぶ約束守られへんわ…って謝らなあかんから。んと、心配してくれておおきに。今はだいぶようなっとるから、今度埋め合わせさせてなぁー。
てか、「初めて聞いたわそんな風邪!」て、言われました(がんっ)自分も初体験ですわ、んな風邪は。この歳で初体験…なんて初々しいんやろ俺ってば(*ノノ)(なんか間違ってる)

中略を中略(できてない)

次の日もなんつーか、朝起きてみたら体が奇妙に他人チック(つまり己の意思では動かんゆーこと)
また病院送り。あほか。なに変なところの常連さんになっとるんや(ひとりノリツッコミ/つまらん)んで注射2本と点滴1本。…うん、昨日の半分やな★と冷静に分析。してはみるものの、傍から見たらただ朦朧としているだけの自分。
てか聞いておくんなさい!前日の点滴は、一般的な肘裏だったんすけど、この日は血管がないよーとか俺はうちう人じゃないよーとかあらまここにも血管がないよーとか俺はあめーばちゃうよーとかいうやり取りの末(そんなやり取りは断じてなかった)、なんとびっくり手の甲にブスリですた(思わず奇天烈な敬語)
いやもう痛いのなんのって。なんじゃこらと思いましたね。つか刺してからごめんねちょっと痛いよーて言われても遅いて。
重病人だからって、話聞いてないと思うなよ。目閉じてるからって、気失ってるわけじゃないんだぞ(ぷりぷり)

略。

現在、自分めっさ小食になりましてん。まだ完全じゃないんやろーけども、心底から美味しいものが食べたいと思う…(めそめそ)ちくわの磯辺揚げやろ海老のチリソース炒めやろ抹茶パフェに葛きりにボンゴレスパゲティーにたこ焼きに…嗚呼お腹減ってきた(きゅるるー…)
んでも、食べると酷い目に遭うんですわ。
まさに食物たちの下克上?常日頃我が物顔で己を食す横暴で野蛮な人間への仕返し?もう、しっぺ返し喰らいまくりですわー。恐るべし食物連合軍。彼らが本気になれば、ちっぽけな地球など簡単に掌握できるだろう(大真面目)

目下、俺の友は強大な連合軍に反旗を翻してまで俺を助けてくれるうどん(具なしで味極めて薄し)とおかゆ(具なしで味付け微量の塩のみ)だけ。なんて質素な…。
でもそんな質素な君らを愛してる。君らのためなら俺も連合軍と戦おう…!(そして呆気なく敗れる/駄目っぽ)

りゃ。

んでもイイこともありましてん。
5キロ痩せました★喜び勇んで母に報告したところ(つっても、はしゃぐほどの体力はない)、心配せんでも全快したらまたリバウンドで太るわーって一蹴されました。……母上、手痛いとどめの一撃をありがとう。

ゃ。

つかパソ弄ってるの見つかったら大目玉くらいそーなんで、今日はここまでに(笑)いやぁ、久しぶりにパソ触ると気分がいい。意味もなくウキウキしちまうってもんです。
そう、思わずどこの方便だか分からない言葉で語っちゃうくらいには(意味あるのか)

では切りよく。
さいなら、さいなら。

…さいなら。
(↑大好きだった、今は亡き●川さん風に/思い出を汚すな)



あ、そうそう。
今はもうほんとに大したことないんで、心配なかとですよ。
あとはもう、旨い飯さえ食えるようになればこっちのもんです(何が)
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。