上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(好物のウバを淹れ、立ち昇る香りにほわりと癒されながら)
突然だが、推理小説の禁じ手とされている「犯人は主人公」なるものを認める人はどのくらい存在するのだろうか。

物語の主人公というのはいわば読み手と一心同体といえる。
主人公の見るものは当然読み手が見るものであり、主人公の聞く言葉は読み手の聞く言葉となるからだ。主人公は読み手でなくてはならないし、逆に読み手は主人公でなければならない。主人公イコール読み手。これは小説界における大前提の決まりごとではないだろうか。
(…まぁ、そんな風に決め付けているのは自分だけでしょうけれど…ね/苦笑)

犯人が主人公であるとすれば『そもそも事件の全ての真相を知っている主人公』イコール『何も知らない読み手』にはまかり間違ってもならない。
推理小説を読むにあたって、読み手は当然自分を推理する側の人間として読む。これは間違いない。

犯人=主人公=読み手=推理人。
…おかしなことだ。こんな図式はおかしいそうおかしい。

すっかり赤頭巾ちゃん気分で森を歩いていたら、お前は狼だと狩人に言われて有無を言わさず撃ち殺された心境だ。気付いてみたら、本物の赤頭巾ちゃんは自分のお腹の中でしたという感じ。
もしくは狩人気分で狼を撃ち殺したら、実はそれは森一番心の優しい狼で、お前は悪人だと森じゅうの動物たちに罵られ謗られ、逃げ惑った末に殺した狼の仲間に食い殺される心境。

不意打ちもいいところだ。
推理小説とは推理の過程を楽しむものではないのか。
それを突然、自分(主人公)が犯人でしたと言われてしまえば何の太刀打ちも出来ない。読者としては「ああそうなんですか」と受け入れるしか仕方ない。

犯人が主人公である以上、それを読み手に教えるのは主人公以外に存在しない。もしくは誰かにそれと指摘されなければ…とはいっても、最終的に己を犯人だと認めるのは主人公を置いてほかにはおらず、結局読者は己の分身に裏切られるというかたちになる。
どんな物語においても、読者が最も信頼するのは主人公だ。
主人公の目は読者の目。主人公の耳は読者の耳。主人公の記憶は読者の記憶。それがあらゆる角度から否定されるのが、「犯人は主人公」という図式である。

自分はいまいち「犯人は主人公」というこの図式を好きになれない。
他の読書家さんたちはどう思っているのだろうか。
とても気になった。

追記は単なる戯言。上記のお話には一切関連なしです。
(もしゅもしゅもしゅ…と好物であるブルックリン(店名)のクロワッサンを頬張りながら)
今日からちょっと…いや、実は数日前から?…とにかく、戦闘態勢。
その矢先に面白い話を聞いた。うん、悪い話じゃない。
やってみるだけの価値はあるかもしれない。
最後のチャンスかもしれない。

(ウバをまったりと飲みながら)
…他の事と違って、断念しても叱ってくれる人はいない。
だからきっと怠けるだろう。諦めるかもしれない。
下手したら三日坊主かm(ずずずーっとウバと一緒に言葉を飲み込み)

(もく、もく、もく…と初挑戦の野沢菜パンを食しつつ、何とも言えない顔をしながら/←決して不味いわけではない。が、不思議風味に戸惑いつつ)
本当はメープルラウンドが食べたかったなぁ…でもあれ、焼ける端から予約で売れていく幻のパンだし…。予約するにしたって、あそこまで取りに行くのも面倒だしな(車で30分を天邪鬼)

ま、がんばりましょ?
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。