上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
竜として生まれた。
風を操り、天高く駆け、地上を見下ろし、自由に生きてきた。
日々平穏で、何も自分たちを縛るものは無く、また、そんなものがこの世に存在するとも思わなかった。
…そんな存在を、少なくとも自分は知らなかった。

人は勝手な妄想を竜の一族に押し付けていた。
一方では竜を神の申し子であるとして、崇め奉った。
一方では竜を神の忌み子であるとして、恐れ戦いた。
けれど、それさえ自分たちには与り知らぬ遠い世界の出来事だと思っていた。
…そう、自分たち竜には、どうでもよいことだった。

まだ幼な子であった頃…まだ、満足に風を操ることが出来なかった頃、自分は着地に失敗して傷を負った。治癒能力も充分に発達していなかった自分は、身動きさえままならない状態に陥った。

はじめて、死を感じた。そんな自分を助けてくれたのは人の子だった。
…それはとても冷たく、寂しいものだった。
…それはとても暖かく、満ち足りたものだった。

それから更に数年後、その子の村は滅びた。
自分たち竜の一族が滅ぼした。
それは小さな勘違いから起きた、許されない過ちだった。

あの子の村は竜を崇めていた。
隣村は、竜を恐れていた。
そして、あの子の村を心底毛嫌いしていた。
だから、隣村は考えた。その子の村を跡形も無くに灰燼にかえる方法を。

隣村はあの子の村の人に成りすまして、竜を殺した。
沢山死んだ。沢山殺された。自分も死に掛けた。
痛くて痛くて哀しくて哀しくて恐くて恐くて…肌に食い込む刃が冷たかった。
治癒能力が追いつかず、自分は片目を失った。
哀しかった。あの子を思うと涙が零れた。

竜はあの子の村を滅ぼした。
隣村も滅ぼした。

瓦礫の中、自分はあの子を見つけた。
何年経っても見間違えない。
まだ、生きていた。
守りたいと思った。けれど、この子は村を滅ぼした竜を憎んでいる。だから、恐くて手が伸ばせなかった。馬鹿だと思った。

それから更に数年後。
彼女は大きな街で働いている。住み込みで、海の男に料理を作っている。
彼女はいつも、高い襟で首を隠している。竜がつけた傷跡だ。

自分は人になった。

けれど魔法は不完全。獣が完全な人になることは不可能なのだと、自分を人にしてくれた人が言った。
正体を知られてはいけない。知られたら、拒絶されるだろう。憎まれるだろう、殺されるかもしれない…。殺されるのはいいとしても、蔑まれるのは哀しいと思う。けれど、それも受け入れられたらと思う。
けれど、傍にいて見守ることだけは許して欲しいと思う。

自分は彼女を守りたいと思う。だから、人になった。
片目の男。
初対面はどうしよう?
眼帯、恐がられないだろうか?

「…アンタ、何やってんの。」
最初に投げかけられたのは、あきれ返ったようなそれ。
当然だ。俺は木から落ちた。
木の上でぼんやりと街を見ていたら、突然話しかけられて、次の瞬間には地面に激突。…なんて無様。

それでも、自分は笑顔で返してみた。
彼女はもまた、笑った。
…それはとても暖かく、満ち足りたものだった。

【続きを読む】

スポンサーサイト
人は、月にもゆける。
人は、川の流れさえ制御する。
人は、人を殺す毒を作り出す。
人は、人を生かす薬を作り出す。
人は、足を使わずに遠くまでゆける。
空を飛び、海を渡り、大陸を越え、星さえも巡る。

科学は日々進歩している。

「なぁー……。」
「何。」
「面白い?」
「わけあるか。強制的に押し付けられた本の何が楽しいもんか。ただの教本だぞ?…そういうお前はどうなんだ。」
「読んでないよ。知ってるくせに。」

知らねぇし、と顔を上げてみれば、机の向かい側でヘタレている友人。教本は枕代わりに敷かれている。
……真面目に目を通している俺が馬鹿みたいだ。
俺は溜め息もそぞろに開いていた教本をばしりと閉じた。友人は机に突っ伏して、窓の外に広がる青い空を見つめている。そうして、俺とは意味の違う溜め息を吐き出した。

「俺ら、ここから出られる日が来るのかな…。」
「さぁ、どうだかな。」
「毎日毎日、訓練訓練。勉強勉強。テスト受けて、飯食って、寝て…そんで時々召集かかって、ボロ雑巾みたいになって…。何の為にだ?」
「…知るか。しいて言うなら自分の為だ。」
「自分の、為?」
「死なないために訓練してる。訓練で好成績を残すために、知識を養ってる。知識を蓄えるには、相応の栄養と休息が必要だ。」
「随分とがんじがらめな生活だね…。自由は無いの?」
「聞くが、そもそも自由って何だ?俺はダチがいて、みんなが無事で、馬鹿やってりゃ満足だ。暖かい布団も旨い飯もある。…他に何が必要だ?」
友人はとくと俺を凝視してから、口元を歪めて笑った。こいつはいつもそうだ。俺が言ってやらないと、自分の幸せに気付けない。
全く手のかかる…とは思うが、まぁ偶にはいいだろう。
友人はうぞうぞと腕の間に額を埋める。寝に入るらしい。しかし捨て台詞は忘れていないようだ。
「……堅物めー。」
「勝手に言ってろ。」
俺は素っ気無く返して、また教本を開く。

人は、月にもゆける。
人は、川の流れさえ制御する。
人は、人を殺す毒を作り出す。
人は、人を生かす薬を作り出す。
人は、足を使わずに遠くまでゆける。
空を飛び、海を渡り、大陸を越え、星さえも巡る。
科学は日々進歩している。

けれど、夢を叶える機械はどこにもない。
誰にも作れない。
そういうものだから。

【続きを読む】

今日はオープンキャンパスの手伝いに行ってきた。のんびりと車を転がして(マッハでしたが何か)、学校へ向かう。
少し不安なのは、同じ班を受け持つパートナーのこと。誰になるのか…てか、前サークルの先輩だったらやり辛い…(ぁ)
なんて、杞憂もなんのその!前回と同じ子だった!(ぐっ)

午前は校内見学。
彼とはやり易くていい。アイコンタクトとか、情報伝達がスムーズ。お陰様で、うちの班は校内案内最後に出発したのに、一番乗りで終着点(カフェ)に到着。……ぅーん、楽だ(言ってないで働け)
片付け補助も、何故か凄いコンビネーションでこなしてみた。…学生課の人に「なんだ、イイなぁー君たち」とか爽やかに言われた(笑)「俺たちすごいなぁー♪」「何でだろうねー?」と雑談しつつも片付け終了。
彼が同学年の同学科だという事実…知って驚いた(何)…学校通い始めて何年目だよ、自分(苦笑)向こうも「見たことあったかなぁー?」と首を傾げるぐらい、お互いを知りません(きぱっ)
オープンキャンパスでだけの出会い(笑)
……メロンソーダを○杯飲んだ彼には頭が下がる(何)メロンソーダ、大好きらしい。そんなに旨いかぁ…?(ぁ)

午後は体験講義―♪(どんどんぱふぱふ)
ハイテンションな理由は、受け持ち講義(部屋までの行き帰りの案内役)が、まさに自分が受けたいものだったから。高校生が体験講義終わるまで部屋の外で待機してなきゃいけないのだが、特別に受けることも可能なのだ。
E先生の講義!E先生の講義―!!(ハイ★テンション
E先生は素敵な先生だ。知識豊富で、何でも知ってる。態度は誰にでも分け隔てなくざっくばらんで、口調は切れ味抜群、ニヒルな笑みというのがとても似合う、とてつもなく先生らしくない先生だ(…褒めてない?)
…と、状態でうきうきしていたら、学生課の人とパートナーである彼につっこまれた。あんまり楽しげに見えたのか、彼も彼の受け持ち講義を受けてみようかと思案したそうだ。…けれど結局、すぐに出たと言っていた(ぁぁ)

「先生、自分も一緒に受けてもイイですか…!(直・球)」
「おぉー、聞いてけ(あっさり)」
何の障害もなく講義潜入成功★前から2番目の席にちゃっかり着席(笑)遠慮したように少し後ろにいた高校生たちが、それを見てずらりと前に着席。
…もしかして、自分お手本になった?(ぇー)
そして待ちに待った講義。
…楽しかったぁ…面白かったぁ…E先生の授業取れたらいいのに…(ほろ/他の教科とかぶったり、単位数の都合で取れない…)高校生も、楽しげに笑いつつ講義を受けていた。

「とても面白かったです…!」
「でしょー?あの先生の講義は凄く楽しいよ。」
「この大学受けようかな…と、思いました。」
「それは凄い!E先生に言ったらどうなるかな。」
「思いきり笑い飛ばされそうです(きぱっ)」
「…うん、そう思う(笑)でも、可愛がってくれると思うな。」
「「…あはははー。」」

と、これは講義後の高校生君と自分の会話。E先生って素晴らしいと再確認した一日だった(そこまで言うか)
「お前、高校生より楽しそうだったぞ。」
「だって楽しかったんです。」
「いい生徒だなぁー(笑)土曜の特別講座来るか?」
「受けてみたいですー…!!」
ちなみにこれは、講義後のE先生と自分の会話。
E先生は、土曜日に一般向けの特別講座を開いているらしい。高校生向けのライトな物語ではなく、愛憎劇とか復讐劇とか…そういう「大人な」物語を中心として扱う講義を繰り広げているそうだ(笑)
気になる…。

と、長々語るものそろそろやめよう(漸く落ち着いたらしい)
追記は講義内容なので、見てもつまらんですよ。
いえ、楽しい講義でしたが、それを文章化することは困難でした。
なので、見なくてもいいと思います。
…無駄に長いですし(本音)

【続きを読む】

運よく日記が書けそうだ。
だから、今の内に書いておこう。沢山言いたいことはあるけれど、あんまり長くなると送信できないかもしれないから、手短に。

パソコンがイカれた。
唐突に、何の前触れもなく(笑)
1ページの読み込みに異常な時間がかかってしまう上、ロクにメールの送受信もできない…。
そんなこんなで数日間、何だか色々苦心してみたかれど、駄目なようだ。あちこちに電話してみたけれど、結局理由は分からずじまい。

ウィルスでもない、無線のカードが悪いわけでもない、パソコンが悪いわけでもない、接続は出来て当たり前の状況。
会社の人も首をかしげる具合の謎の接続不良(笑)
それでも先日、ようやくメール送受信だけは可能になった。
とはいえ…たかだか1通送受信するのに楽々5分以上かかるけど(とほ)

……お手紙だけは返せそうです(苦笑)良かった…。
今日は、運よく…奇跡的にMSNでないメッセの方が数十分繋がりました。
その間、お二人の方とお話できたのです(へら)
お話させて頂いてどうも有難うございました(深々)

【続きを読む】

ようやく発作が落ち着いてきた今日この頃。

昔っから、時折こんな風に陥ることはあったけれど、本当に久し振りな感じだったので正直最初は「何事だろう」と思った。
それがようやく、待ち望んでいた発作なんだと気付いたのは、パソコンを立ち上げてすぐ、無意識的に自分がワードを開いた時だった。
…いや、遅ぇよ…と思う(笑)
慌てて、それまで開いていたメッセの状態会話を全部消した。
そして、しばらく返答が返せなくなることを明記。
これで、回線の不調でログインしてしまったり、落ちてしまったりしても大丈夫★

というわけで、その日は怒涛の勢いで字を書いた。
そう、「発作」というのは「字を書いていなければ耐えられない」ようになる発作である。我ながら馬鹿みたいな発作じゃないかと思う。
けど、仕方が無い。

書かなきゃ死にそうな感じ。
心臓がバクバクして、息苦しくて…指先が落ち着かなくなる。
高揚感、というか…飢餓感?のようなものを感じて、いてもたってもいられなくなる。
物語を考えている暇もなく、ただ文字を思うままに羅列していった。
とにかく、何かを書きたいという思い。
…全く、馬鹿だと思う。
ある意味病気だと思う(深く頷き)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それから、今日で何日経ったのかは不明ですが、いつもメッセで話しかけてくれていた人たちには、本当に申し訳ないと思っています。
皆さんと話すのはとても楽しくて…自分は、そういう時間が大好きです。
できれば時間を作りたいとは思っているのですが、メッセによって時間が割かれると、性懲りもなく、またいてもたってもいられなくなる自分がいるので、もうしばらく、お話できません(号泣)

お手紙を下さった方々、本当に有難うございます。
お手紙の返事だけは欠かすことなく2、3日中にはさせて頂いておりますが、遅れた方には本当に本当に申し訳なく思っています。
お手紙の返信だけは今も欠かすことなく行っておりますので、どうか、ご容赦ください。
時折、背後が前面に出てしまい、キャラでなくなるような気がしつつも、「無限」の方へも毎日通っております。
お子達に構ってくださる多くの方には、心からの感謝を。

心配してくださる方、メッセでいつもお話してくださっていた方、お手紙を下さった方、皆様其々に最大の感謝を。
もし、もう暫らくして落ち着いた暁には、また是非とも改めてお話できたらよいなぁ…などと我儘を言ってしまいそうですが…心の広い方がいらっしゃったら、また、仲良くしてやってください。

色々と、とても嬉しかったです。
不覚にもほろりときてしまいました…(笑)
自分は素敵な友人を持ったなぁ…と。
ありがとうございました。

【続きを読む】

男は笑った。
手を伸ばす。

空へ。

真っ白な空に向かって、精一杯その手を伸ばす。
何処までも高く続くその光へ。

俺は、男を止めるすべを知らない。
俺は、男を止めるすべを持たない。

奥歯を噛み締める。息を細く吐き出す。
拳を握り締める。目は伏せない。
喚きたい。その肩を叩いて、その手を取って、今すぐにここを立ち去りたい。
男を引き戻すためならばなんでもする。
なんだって出来る。

だのに、俺はそれをしない。
出来ない。

白い空。純粋無垢で、どこまでも美しい。
それへ手を伸ばす男は、爪先立って、仰ぐ。光を取り入れようとでもするかのように、じっと何かを待っている。

誰かを愛して死ねたらいい。
誰かを想って死ねたらいい。
誰かの幸せを願いながら死ねたらいい。
誰かの悲しみをぬぐい去って死ねたらいい。

自分でない誰かを、守れたらいい。

男が光の中へ飛んだ。
俺には止められない。
男の孤独を。闇を。祈りを。願いを。

「……誰よりも、知っているから。」

地面に崩れ落ちた俺は、今独り。
泣いて、笑った。
自分を、嗤った。

心底幸せそうに笑った男の顔は、光に溶けてよく見えない。
俺も、笑い返した。
その顔は、心底幸せなものだったろうか。

眩しい光が暖かい。
凝り固まった目蓋を解きほぐし、緊張と恐怖で冷え切った身体を暖める。救われたと、思った。
俺は、生きる。
男が俺に教えてくれたのは、最後に光を掴む悦び。
あの笑顔を、いつか俺も浮かべられるだろうか。

俺は、生きる。

【続きを読む】

汗がぽたりと地面に波紋を作った。
息苦しくて。
肺に空気を送り込もうとして、むせ返って。

もう一度。
走る。
走る。
走る。
そして、飛び上がる。

次の瞬間目の前に広がるのは青い空。
眩暈がするほどの紺碧の空。
白い雲が身体を包む。
巨大な風の壁があたしを押し上げて、高みへと連れて行ってくれる。

どこまでも昇る。
心臓が痛くて、どきどきする。
飛ばなきゃ死んでしまいそう。
あたしは飛んでいなければ死んでしまう。

これは病気?
これは、何?
この激しい動悸と、高揚感。
飢餓感と、痛いまでの指先の痺れ。

そこで目が覚める。
また眠りが足りなかったのだろうか。
仕方が無いので薬を飲む。
そうしたら、次はきちんともっと高くへ飛べるだろうか。

人は言う。
それは一種の中毒症状なのだと。
でも違う。

あたしは死にたいわけじゃない。
ただ飛びたいだけだから。
夢は幻だとか、そういうことを言う人もいる。
けれど、あたしにとっては現実だから。
あっちへ帰りたいの。

ただ、それだけのこと。

【続きを読む】

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。